雑貨屋さんになりたい方必見!理想のお店を開業するための13のステップ

Pocket

こんにちは。これからお店を開業する方のサポート担当、イッチーです!

「いつか雑貨屋さんを開きたい」と思っている方は多いのではないでしょうか。好きなモノに囲まれて、自分のセンスで選んだ商品でお客様が笑顔になってくれる、ステキなお仕事ですよね。
でも開業までにどんな準備をすればいいのでしょうか?開業準備の構想からオープンまでの、お店づくりの流れをまとめてみました。

1. 構想を練って練って練りまくる

1コンセプト

まずは第一歩。どんなお店にするか、具体的なイメージを膨らませましょう。

コンセプト・ターゲットを決める

コンセプトをはっきり決めることで、お店の特徴、方向性、仕入れ商品をブレずにすすめることができます。
特に開業する時はメーカーやお客様に「こんなお店です」と伝える場面が何度もあります。そこで「上質でナチュラルな生活雑貨を集めたお店」など、「お店のコンセプトは○○です」と言い切るコンセプトがあるといいですね。
また、「こんな商品を置く」以外に、「キャラクター物は置かない」「プチプラは置かない」というこだわりの部分も決めておくことも仕入れ時の判断基準になります。

 店舗名を決める

コンセプトとあなたの想いを込めた店舗名を決めましょう。
ぱっと読めなかったり、言うたびに「え?」と聞き返される店舗名は覚えてもらえない&なにかと不便です。また、必ずネット検索してみること。既に同名のお店がある場合は、あなたのお店の情報にたどり着かないばかりか、商標問題になる場合も。
また、店舗名が決まったら、さっそく名刺を作って開業計画をぐっと現実に近付けましょう!

店舗めぐりして勉強する

お店を開業した方にインタビューしてみると、

「いざ自分でプライスカードを作る時に、どんなものにするのか、参考に他のお店を見ておけばよかったです。」
「壁を緑に塗ると言った時、周りからは止められたけど、好きなお店の壁が緑だったので仕上がりのイメージを予想できて、迷いなく塗れました!」
「どんな商品が置いてあるのか、お客さんが何を手に取って、何を買っているのかをお店で観察していました。」
「陳列方法と陳列する量を見ておいたことが後々役に立ちましたね。」

などなど、いろいろなお店で見てきたものがお店づくりのヒントになっていることがわかりました。ということは、店舗めぐりは夢の実現に向けて今からでも実践できる「開業準備」。「このお店のこれが可愛いから、自分の店で採用したいな」というヒントをストックしておきましょう。

≪この項目のおススメ記事≫
教えて先輩!開業の夢をかなえるヒントを「雑貨とラッピングのお店 アジト」さんに聞いてきた!
雑貨屋を開業した人がみんなやってる「店舗めぐり」でチェックしたい7つのポイント!
お店を始める人必見!ショップ名の決め方

 2. どの街の一員になる?出店立地を決める

2立地

あこがれの街だから、土地勘があるから、ターゲットがたくさんいる街だから、親族が空き物件を持っていたから……お店ごとに条件がありますよね。
商業地域や駅前は人通りも多く集客しやすいけど家賃が高い、住宅地はターゲットが限られるけどライバルが少ないなど、メリットデメリットや特性もさまざまです。また、家賃相場や、周辺施設やライバル店がいるかなども確認しておきましょう。

希望エリアが決まっても、その街について1つの面しか見えていない可能性も。平日、土日、朝、昼、夜など、様々な時間帯の人通りを見て「どんな人たちがいる場所なのか」をリサーチすること。「会社帰りの人が多く通るから、昼にオープンして夜は少し遅くまで開けよう」など営業時間を決める目安にもなります。

≪この項目のおススメ記事≫
【後編】教えて先輩!自家焙煎珈琲豆「ホサキン工房」お店づくりは街をみつめながら!

 3. 開業準備のシビアな部分、開業にかかるお金について

3お金

物件取得費、内外装工事費、仕入費、什器備品費、広告宣伝費など、かかるお金を算出します。
開業資金は100%自己資金が理想ですが、融資を受ける場合でも30~60%は自己資金でまかないます。また数か月間赤字が続いても生活していける費用も確保しておきます。このシミュレーションで気になるのが「仕入れ価格」。雑貨の仕入れ価格は、上代の4割~6割程度で試算してみましょう。
融資以外にも、「○○県 助成金」などのキーワードで検索すると、各自治体の開業支援の情報が見つかるかも。条件に当てはまれば申請してみては?

また、最初にかかる費用以外にも、1か月ごとの売上予想や必要経費、借入融資の返済など、「やっていけるのか」の部分もシミュレーションしておきましょう。

 4. シーン別に利用できると便利!お取引できる仕入先を探す

4仕入先

「お店が成功するかの80%は仕入れで決まる」と言われるほど大切な商品仕入れ。雑貨屋は「好きなモノに囲まれる仕事」と言うのだから、どんな商品を置くかは最重要ポイント。とはいえ、開業が具体的になるまでお取引を開始出来ないことも多いため、他の準備と並行して進めていきます。

仕入れ方法は大きく3つ。どれもメリットデメリットがあるので、状況に応じて使い分けるのがベター。

メーカーと直接取引する

ギフトショーなどの展示会で取引交渉をしたり、連絡先へ仕入可能かを問合せます。新作商品を優先的に仕入れられたり、大口取引やお付き合いが長くなると掛率が下がる場合も。ただし、最低受注金額が大きい場合は在庫を抱えてしまうので小さなお店では条件が難しい場合もあります。

 問屋で仕入れる

複数のメーカーの商品を、実際に手に取って見ながら仕入れ出来るのは大きな魅力。問屋さんが売れ筋商品などを教えてくれたりアドバイスを受けられる場合も。ただし、その問屋にあるものしか手に入らず、現地に行かなくてはならないため交通費と時間がかかるのでスケジュールは計画的に。

 ネットで仕入れる

24時間仕入れができるのはネットならでは。小ロットで注文できるので、開業費の節約や過剰在庫も避けられるという利点も。送料がかかっても、時間と交通費を考えれば断然おトクな場合も。ただし、手に取って商品を見られないことが弱点。初めて取引する場合はサンプルで仕入れたり、サイズ等の商品情報はよく確認しましょう。

≪この項目のおススメ記事≫
仕入れ先の探し方
<ギフトショー超入門>初めてでも安心!仕入れ交渉の基礎知識
商品を見られない不安解消!上手な「ネット仕入れ」のコツ

 5. いよいよ本格スタート、物件を探す

5物件

一筋縄ではいかない部分。1年後には開業したいと思っていてもなかなか見つからなかったり、まだまだ先と思っていたのに突然物件に巡り会って計画が走り出す人も!

ネット検索や、不動産屋さんに足をはこんで紹介してもらうのが一般的のよう。 激戦地(吉祥寺、下北沢など)は複数の不動産屋さんに「いい物件が出たら連絡をください」と伝えておいても、空き物件が出るととたんに埋まってしまうくらい争奪戦のようです。

物件決定の決め手としてよく聞くのは、「物件を見た瞬間、このお店で働いているイメージが沸いた」という直感。そんな物件に出会えたら、やる気も愛着も沸きますね!それでも、きちんと条件は確認しておきましょう。「2階の物件なのに、1階の道路に看板を置くのはNGと契約後に知った!」なんてことも…

また、「物件が決まると、オープンの日までは怒涛の日々が始まる」との証言も。
その準備をサポートするのがスーパーデリバリー24時間仕入れできるので、昼間は別の準備に時間を使え、商品の支払は「後払い決済サービスPaid」を使って初回取引から後払いOKだから、バタバタと前振込みに行く必要はありません!最少ロット1点から仕入れられるので、商品展開の幅も広がります。毎月30~40店舗のオーナーさんが、スーパーデリバリーを使ってオープンされていますよ。

≪この項目のおススメ記事≫
教えて先輩!こんなお店を待っていた!「大人の雑貨mama」の愛されるお店づくり計画
教えて先輩!「京成小岩クラフト酒店」の居心地のいい場所を生み出すコンセプトづくりを学ぶ!

 6. お金をかければいくらでもかかってしまう・・・店舗内外装

6店舗内外装

お金をかければいくらでもかけられる(かかってしまう)内装費。その節約で一番ポピュラーなのが「自分たちでDIYする」というもの。
内装業者には「外装だけ」「棚の取りつけだけ」「トイレのリフォームだけ」など、部分的に依頼することも可能のようです。(電気、ガス、水道は必ず専門業者に依頼を。)

契約後から家賃が発生するので、時間をかけるとオープン前の家賃だけがかかってしまうことや、人手が必要なことも考慮して。また、内装業者には必ず各社で相見積りを取るようにしましょう。

≪この項目のおススメ記事≫
店舗デザイン・内装施工はどうやって依頼すればいいの?「IDEAL」さんに教えてもらいました!
【前編】密着!和雑貨とものづくりワークショップ「つくりえ」のペンキ塗りのお手伝いへ!

7. 什器・インテリアを決めると、お店が形になっていく

7什器インテリア

いくら「こんなテイストのお店にしよう」と決めていても、物件によってテイストや広さなどが変わってくるもの。物件が決まるまでは購入せずにリサーチにとどめておくのが無難。「初めから大きい家具を買わない方がいい。融通が利かなくなって持て余して数か月後に捨てたくなった」との証言も…。運営する中でレイアウトは必ず変更することになるので、最初から完璧な完成形を目指すのではなく、少しずつ増やしていくのも良いみたいです。

 8.開業準備の花形、いよいよ商品仕入れ!

8商品仕入れ

物件、什器が決まればいよいよ仕入れです。
スーパーデリバリーでも「物件がまだ決まっていないが、先に仕入れたい」というご相談をいただくのですが、海外の買いつけなどではない限り、基本的に物件が決定した後から商品を仕入れ始めます。

理由は大きく2つ。物件の広さが決まらないと仕入れ量が分からないこと。仕入れすぎは過剰在庫の元になります。また、在庫を怖がって少なく仕入れると陳列棚がスカスカに見えてしまう場合も。
次にテイストの問題。「古民家などの和風の物件を探していたけど、最終的に洋風の物件にきまったので、先に和雑貨を仕入れなくて良かった」などの例もあります。
準備が具体的になるにつれ、「物件が決まらないと動けない、でも物件が決まる前にある程度進めないといけない」というもどかしいことが多くなる開業準備。その時々で、焦らず出来る事を進めておきましょう。

≪この項目のおススメ記事≫
教えて先輩!アパレルショップ「Fellowship」流のお店づくりの楽しみかた!

 9. オープン前から意識!広告宣伝をする

9宣伝

開業前から集客は始まっています!お金もかからず簡単に出来る3つをピックアップしてみました。特に、開業日記などは準備中にしかできないPRです。やらなきゃソン!

ブログで開業日記を綴る

準備中の様子を追って行くうちに親しみをもってもらい、オープン前からファンを増やせるブログ。「お店を開きたい!」という決意表明からブログを始めればオープン告知の記事の感動もひとしお。記事数をつみかさねることでSEOにも効果があります。どのページからアクセスしても分かるように、ブログトップには店舗情報、オープン日、営業時間などの基本情報も忘れずに。

SNSで情報発信

つながりのある人からの応援が集まりやすいSNS。内装のお手伝いなどを募るのも◎また開業後は、つながりを持ったお客様へのアプローチがしやすくなりリピーターを増やす効果も。気軽に投稿できるTwitterはネガティブな発言に注意しましょう。

改装中の物件に、オープン告知の貼り紙をする

近隣住民、通りすがりの人に告知ができます。店先にチラシを置いておけば、ポスティングしなくても興味を持った人に自発的に持って帰ってもらえるので効果大。全ての人がネット環境にあるわけではないのでアナログな方法も考えておきましょう。

≪この項目のおススメ記事≫
【後編】密着!和雑貨とものづくりワークショップ「つくりえ」怒涛の開業準備、そしてオープンへ!
理想のカフェを開業するには? SUNNY COFFEEさんでカフェ開業について聞いてきた!
教えて先輩!開業の夢をかなえるヒントを「雑貨とラッピングのお店 アジト」さんに聞いてきた!

10. 忘れ物はない?店舗備品・レジなどをそろえる

10忘れ物

ラッピング

紙袋、OPP袋、ラッピング用品など。特に雑貨屋はギフト需要が多いもの。オープン初日でもラッピング依頼が来るものと心構えしておくべし。

レジ

レジは一般的なレジスター以外にも、最近増え始めたタブレットレジなどもあります。タブレットは初期費用もおさえられるほか、クラウド会計ソフトなどと連携していることが多いので検討してみては。見た目もスッキリなのでインテリアにも溶け込みます。レシートの紙も忘れずに。

その他備品も忘れずに

掃除用具、ゴミ箱、レジ周り文具、領収書や収入印紙、印鑑やスタンプ、傘立て、ショップカード、プライスカード・・・なども忘れずに。

≪この項目のおススメ記事≫
開業までにマスターしたい!ラッピングをおしゃれな雑貨屋さんで学んできた!
【後編】密着!和雑貨とものづくりワークショップ「つくりえ」怒涛の開業準備、そしてオープンへ!
【2015年版】無料タブレット/モバイルPOSレジ 5社徹底比較
【2015年版】モバイルカード決済4サービス徹底比較!

 

11. 決して楽しくはない手続き関係を、えいやっと片付ける

11手続き

・「個人事業の開業・廃業等届出書」(開業届)を税務署に提出
・「所得税の青色申告承認申請書」(青色申告の場合)を税務署に提出
・NTTに電話回線工事を依頼(固定電話を設置せず、携帯電話をお店用にする人もいます)
・銀行口座を開設

などなど。
リサイクル品、アンティークなどを扱う場合は「古物商許可」や、人を雇う場合の手続きなど、お店ごとに必要な手続きをします。難しいと感じる事もありますが、全てやりきった時は「レベルアップした感」があるはずです!

≪この項目のおススメ記事≫
教えて先輩!ハンドメイド雑貨ショップ 「のんびりまーと」 の開業準備はのんびりかつ積極的に!

12. ついにオープン!でもその前にプレオープンはいかがですか?

12オープン

正式オープンの前に、営業時間を短めに設定したプレオープン期間を設けて最終チェックをしましょう。不慣れでも大目に見てくれる友人を招いて1日の運営の流れをテストしたり、近所の人を招いて「こんなものがあったらいいな」などの意見を聞いたりする場にもなります。またオープニングパーティをすると、お世話になった人やお客様とオープンの喜びを共有できて楽しいですよ。

13. 出来ることから「行動」しよう!

13行動しよう

ここにまとめたことは大まかな流れなので、やること、やらないこと、考えること、その方法は、数限りなくあります。

インタビューでお店を開業したオーナーさんにお話を伺う中で気づくのは、開業の手順はお店それぞれで、決まった流れなんてないということ。どうやるのか、何を選ぶかはオーナーさんの個性によって何通りもあるんですよね。でもその中で、唯一の共通点は、夢をかなえるために「行動」したということ。そして全員が「開業は楽しい!」とお話されていますよ

開業への第一歩、まずは「1.構想を練って練って練りまくる」から始めてみませんか?

=====================================================

【10月24日(火)開催!】これから開業したい&いつかお店をやってみたい女性の方向け、無料セミナー&交流会を開催!

 

いつか自分のお店を持ちたい・・これからお店を開きたい!といった女性の方に向けたセミナーを開催します!

今回は、既に自分のお店を構えられている先輩店長さん2名にお越しいただき、開業までの準備や開業してからの具体的な仕事内容など

経験者だからこそ分かる話をアレコレ話していただきます。

開業に少しでも興味のある方はぜひお気軽にご参加ください♪セミナーの後はお茶とお菓子を食べながらの交流会もご用意しております♪

お申し込みはこちらをご確認ください。

———————————————————————————————————————————-

お店の開業が決まったら、スーパーデリバリー!

店舗物件がお決まりの実店舗様は、開業準備中からご入会いただけます。

◇アパレルメーカー・雑貨メーカーと小売店を繋ぐ卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」
―開業準備中の方のご入会について―
https://www.superdelivery.com/p/contents/open-business/open-business.jsp

開業準備にスーパーデリバリーを活用したお店の感想を掲載中!
どんなところで役に立った?どんな使い方をしていたの?お店ごとのニーズに合わせて開業準備を応援します!

カテゴリ: 開業ノウハウ