調剤薬局の主な業務は、患者が持ってくる処方箋を受け付けて薬を処方するというもの。しかし最近では国が推進するセルフメディケーションや、かかりつけ薬局の推進によって、調剤薬局でも一般用医薬品(OTC医薬品)の販売が進んできました。

さらに、いまの調剤薬局では一般用医薬品(OTC医薬品)だけでなく健康グッズや食料品、雑貨、洋服など、医薬品にとどまらない様々なジャンルの商品を販売する薬局が増えています。今回はその背景や、物販のメリットについてお伝えします。

 

調剤薬局でOTC医薬品以外の物販が増える背景とは

これまで調剤薬局では、処方箋をもとに薬剤師が薬を調合し、患者さんに薬とその使用に関する情報を提供してきました。しかし、ここ最近は薬の調合だけでなく、健康面や生活に関わる商品の販売を行う店舗が増えています。

その背景にはいくつか理由がありますが、2019年の薬価改定がその一つです。厚生労働省は2019年10月に、消費税率が10%に引き上げられることに伴って薬価基準を全面改定しました。これにより、6割以上の品目の薬価が引き下げられました。薬価改定の影響で収入が減ることになる調剤薬局は多く、一方で薬の仕入れには消費税が発生するため、薬の調合だけではこれまでと同じような売上の確保が難しいという環境に置かれています。

また、厚生労働省は保険調剤薬局に「かかりつけ薬剤師」「かかりつけ薬局」の機能の充実を期待する動きがあります。患者の健康や介護に関する相談に応じたり、アドバイスを行うことができる薬剤師、薬局のことです。その一環として、セルフメディケーションの知識を提供し、一般用医薬品(OTC医薬品)はもちろん、健康食品や雑貨などの提案もできる環境が求められています。

加えて今、コロナウイルスの影響によって病院の受診を控える患者も増えており、それによって処方箋を受け取る回数も減るため、調合薬局の売上も下がるという状況になっています。

このような背景から、これまでメインの収益であった処方箋調剤だけに頼っていては経営が成り立たないため、別の収益を得る手段として物販を始める調剤薬局が増えています。

調剤薬局における物販のメリットとは

調剤薬局で物販を行うことは、処方箋調剤以外の収益源を確保することに繋がりますが、それ以外のメリットがあります。

その一つは差別化です。調剤薬局の経営において最も重要なものは調剤数です。取り扱い処方箋の枚数を増やすことが何より重要です。そのためには、より多くの患者を集める必要があり、他の調剤薬局やドラッグストアとの差別化が必要不可欠となってきます。

特に近年はドラッグストアや大手調剤薬局のチェーン店に加え、商社やスーパーなどの異業種も調剤事業を強化しているため、調剤薬局業界は競争が激化しています。

そこで、一般用医薬品(OTC医薬品)以外の商品も取り扱うことで、他の薬局との違いを出すことができ、自店ならではの強みを作ることができます。商品も来店される患者のニーズに合わせて取り揃えることで、セルフメディケーションとしてサポート力も高まり、来店のきっかけづくりに繋げることができます。

調剤薬局の中には、食品を多く扱う事例も増えています。というのも、地域によっては近隣に買い物をする場所がなく、調剤が終わるまでの間に店内で買い物をする、といったケースもあり、特に高齢者から支持されています。薬局が地域のコミュニティに根付いている場合には、処方箋がなくても気軽に来店してもらい、健康相談に応じながら商品の販売を手掛ける事例などもあり、これまでの調剤薬局の枠を超えたサービスを提供して他店との差別化を図っています。

その結果、処方箋の取り扱いも増え、それ以外の収益も増えるといった景色が増えています。

調剤薬局での物販の事例

それでは、実際に調剤薬局ではどんな商品が販売されているのでしょうか?卸・仕入れサイトのスーパーデリバリーが、一般用医薬品(OTC医薬品)以外の商品を販売している調剤薬局を取材したところ、その多くが患者のニーズに合わせたものや、自店のコンセプトに沿ったものを販売していました。例えば、患者の健康相談に応じている薬局では、食事の改善などを提案しており、サプリメントのほかにオーガニック製品の食材やお菓子、お茶といったものを販売しています。比較的女性の患者の来店が多い薬局では、ハンドクリームや入浴剤などの雑貨類を扱う店舗もあり、ギフトとして購入されるケースもあるようです。

また、薬局でもレジ袋が有料化になったタイミングでエコバッグを販売しだした店舗では、男性客の購入が増えたという声もありました。特にA4サイズの小さなエコバッグの需要が高く、薬局やコンビニで使用するために求める方が多いそうです。

BS1ST.オーガニックエキストラバージンココナッツオイル(425g)HERB BREWER クレンズ【ハーブティ】【オーガニック】☆マリメッコ marimekko SMARTBAG☆エコバッグ 048855-190【日本製】国産柑橘ハンドクリーム すだち・瀬戸内レモン&シークヮーサー ハンドクリーム

一見薬局では扱っていないと思われる商品ですが、こういった商品を扱うことで先述したように、徐々に処方箋以外の目的で来店する患者が増え、気軽に足を運んでもらえる環境になっています。

販売する商品を仕入れる際には、ほかの薬局や大手のドラッグストアにはないものを扱うという声や、医療用問屋には扱っていないパッケージのものを選ぶという声もあり、個人の調剤薬局でもオリジナル色を出して差別化を図る工夫をしています。

接客や販売のコツとは?

いざ物販を始めようとしても、どのように商品を提案すればいいのか?一般的な小売店とは違うため、接客の経験が少ない方も多いと思います。そこで販売のコツなども聞いてみたところ、健康相談に乗りながら自分が薦める商品を紹介する、という声が多く見られました。そのためにも、まずは自分が商品を試してみることが大事なようです。食品であれば味だったり食感など、感想と一緒に商品の説明をすることで興味を持ってもらいやすくなります。

また、商品を陳列する際も、どのような方にお勧めの商品なのか、何に効果的なのかをポップに書いて目に留まりやすいところに並べる、といった事例もあります。特に調合の待ち時間に買い物をする方が多いため、待合室の椅子近くに陳列したり、壁にポップを貼っている店舗もあります。

他にも、レジ周りにちょっとしたお菓子やリップクリーム、ハンドクリームなどを置くことで、ついで買いを狙うといった方法もあります。

最初からたくさんの商品を扱うよりも、お手頃なものを少量から販売しはじめ、あとは患者との会話の中でニーズがあるものを増やしていくのも効率的です。実際に、今はコロナ禍でマスクを取り扱う薬局は多いですが、一般的な不織布のマスク以外にも洗って使えるマスクやファッション性のあるマスクも扱い始めたところ、ほかの雑貨類も求める声があり、商品数を増やしたという事例もあります。

さいごに

今後も薬価改定や競争の激化などが予測される調剤薬局業界において、一般用医薬品(OTC医薬品)以外の物販は重要な役割を果たしていくと思われます。自店のコンセプトや差別化ポイントを改めて設定し、それに合わせた商品を販売してみてはどうでしょうか?

 

これまでスーパーデリバリーが取材した調剤薬局での物販の様子は、下記にも掲載しています。ぜひご覧ください。

薬をわたす待ち時間を楽しい時間に!全国で薬局を展開する株式会社ミックを取材しました

雑貨販売など薬の処方以外の価値を提供!地域コミュニティを生む「春日丘薬局」を取材しました

薬を販売するだけじゃない!薬局でアロマテラピーセミナーやワークショップも。地域の人の憩いの場になる薬局「中村五郎薬局」を取材しました

 

薬局の物販商品の仕入れはスーパーデリバリー

スーパーデリバリーは、薬局や医療施設で使われる備品や物販商品を幅広く取り扱っています。備品、資材、消耗品、販促品を業務用価格で調達できます!

―医療関連サービス業向けお役立ちアイテムー
https://www.superdelivery.com/p/do/psl/?ts=mnt20200925&vi=1

-卸・仕入れサイトスーパーデリバリーとは─
https://www.superdelivery.com/

 

店舗物件がお決まりの実店舗様は、開業前からご入会いただけます。

― 開業準備中の方のご入会について ―
https://www.superdelivery.com/p/contents/open-business/open-business.jsp