ホームステージングは、売買・賃貸物件を「早く・高く売る/貸す」ことができる仕掛けです。暮らしをイメージさせたインテリア・家具などのトータルコーディネートで、中古住宅を魅力的に演出し、物件の売買や賃貸を効率化させる手法です。仕入れサイト「スーパーデリバリー」も、一般社団法人ホームステージング協会の法人会員として、ホームステージングの普及に微力ながら取り組んでおります。

2020年1月に、一般社団法人ホームステージング協会によるホームステージングの実態調査「ホームステージング白書」2020年版が発表されました。

2020年は新型コロナウィルス感染症のリスク下で、ホームステージングの現場でも来店者数・内件者数など、上半期は様々な影響を受けました。しかしながら、非接触型のVRホームステージングなどの新たなサービスの導入が進み、新たなニーズを生み出す年にもなりました。

 

仕入れサイト「スーパーデリバリー」では、ホームステージングに必要な家具・照明・インテリアなどのエレメンツ(アイテム)を卸販売しております。スーパーデリバリーではホームステージャーはもちろん、不動産仲介、買取再販、ハウスメーカーや、リフォーム会社、インテリアコーディネート、民泊を手がける会社など、暮らしを演出する事業者様に多くご利用いただいております。

 

それでは早速「ホームステージング白書2020年版」をさっそく見てみましょう。
※参考・引用 一般社団法人日本ホームステージング協会「ホームステージング白書2020

[関連記事]
2019年白書 全国に広がりをみせるホームステージングの実態は?!実態調査「ホームステージング白書2019」を解説
2018年白書 効果はいかに?ホームステージング協会が発表した「ホームステージング白書2018」を解説!


2020年版のホームステージング白書もデータが盛りだくさんですが、その中で重要だと思うところを抜粋してご紹介します。

 

1.ホームステージングの実施は全国展開へ

2019年は「近畿・東海・北陸・信越など全国に広がっております」とお伝えしましたが、2020年はほぼ全国展開されているといっても過言ではない状態まで広がっています。

 (1)ホームステージングが実施された地域 (都道府県別)

ホームステージングが実施されている地域は49都道府県中42都道府県でした。東北・山陰・四国の7県がまだホームステージングを行っていませんが、首都圏を中心にほぼ日本全国でホームステージングが実施されているといえます。

 

ここからは「不動産仲介」「不動産賃貸」「ホームステージング業」の3つに分けてご紹介します。

 

2.ホームステージングにかける費用は?

ホームステージングの実施にいくらかければよいのか?これからホームステージングをはじめる方は、最も気になる部分のひとつではないでしょうか。

■不動産仲介

不動産仲介ではホームステージングにかける費用が減少傾向にあります。
かける費用が20万円未満の割合が、2019年は49%だったのに対し、2020年は75%ほどにまで割合が増えています。
VRホームステージングによる費用負担減少や、まずは部屋の一部分だけをホームステージングしてみるなどの結果かと推測しています。

 

■不動産賃貸

不動産賃貸では5万円未満の割合が52.3%と
、2019年(29%)に比べて割合が増加しています。
一方、ホームステージングに10万円以上かけるという回答割合も増えていることから、費用をかける物件、かけない物件の二極化が進んでいると読み取れます。

 

 

3.ホームステージング実施後、成約までの期間は?

ホームステージングをすると早く売れる、という実績は毎年の白書で発表されています。実際にはどのくらいで成約に至っているのでしょうか。

■不動産仲介

不動産仲介の場合、1ヶ月以内で成約に至っているケースの割合が最も多いです。
非常に多い+時々ある を合計

 

■不動産賃貸

賃貸物件に関しても、約1ヶ月以内で成約に至るケースが多いですが、上の不動産仲介と見比べてみると、1週間以内・2週間以内の比率も高く、より短期に成約していることがわかります。売買と賃貸の成約スピードの差はありますが、不動産賃貸では、ホームステージングを実施するとより早く成約に至ることがこのグラフからわかります。

ワンルームの賃貸物件など、比較的小さい間取りの物件は、家具などの大きなものは設置せず、小物やグリーンだけの設置でステージングをするだけでも成約に良い影響があります。これからホームステージングを行う方は、まずは小物・グリーンだけでも設置してみることをおすすめします。

 

 

4.ホームステージングの費用は誰が負担してる?

ホームステージングをはじめてみたいけど、誰が費用を負担するのだろう?ホームステージングをはじめる際に起こる疑問で多いのが、この費用負担についてです。2020年は今までと比べ、少し動きがありました。

■不動産仲介

不動産仲介の場合、不動産会社が費用を負担していること(64.6%)が大半です。専属専任媒介契約のサービスのひとつとしてホームステージングを提供することが多いようです。
2019年との違いでは、2020年は「売主が支払った」という割合も増えており、今後は売主が負担してホームステージングを実施するケースも増えるかもしれません。2021年以降注視したいポイントです。

 

■不動産賃貸

賃貸の場合は、オーナー自身でホームステージングの費用を負担する割合が増えています(2020年 65.9%、2019年 50%)。
また不動産管理会社が、管理物件の空室改善を目的に少額でホームステージングを導入することもあります。

 

 

5.ホームステージングを実施する部屋の重要度は?

お部屋がたくさんある物件の場合、どの部屋を優先的に実施するのでしょうか。多くのお部屋をステージングする事業者も増えてきてはおりますが、限られた予算の中ではポイントとなる箇所を重点的にステージングしている傾向が出ています。

■不動産仲介

不動産仲介物件の場合は、リビングルームキッチンが圧倒的に行われています。この傾向は例年変わらず1・2位の重要度です。リビングルームは居室の中で一番広く、また家族が集まる場所のため重要視されているのが理由です。また、「家を決めるのは女性」といわれることもあり、キッチンステージングすると成約効果が高いというのが理由です。
また、2020年で気になる箇所としては玄関が挙げられます。2019年では重要度7位で合った玄関が、2020年では3位まで上昇しています。「物件に入ってすぐ」の印象形成が重要になってきているのかもしれません。

 

■不動産賃貸

賃貸物件の場合も、仲介物件と同じくリビングルームとキッチンが最重要でした。
どのカテゴリーでもリビングルームとキッチンは例年最重要箇所のため、「物件=リビングとキッチンはホームステージングしておこう」と結論づけていいと思います。
また、不動産賃貸でも気になるところは玄関。上の不動産仲介と同じく、2019年に比べて重要度の順位がアップしています(2020年 3位、2019年 5位)。
また、トイレは小物やグリーンなど少額のエレメンツでホームステージングを実施することができるため、積極的にステージングするといいかもしれません。

 

■ホームステージング業

ホームステージング業の方々が重要視しているのは、仲介・賃貸物件と同様にリビングルームキッチン玄関、そして水回り(浴室・洗面所・トイレ)が上位に入っています。
ここでも、玄関が3位にランクインしています。どのカテゴリーでも玄関が3位に入っていることから、玄関に関してはもっと掘り下げてニーズを探ってみたくなってきました。

 

 

6.ホームステージングを実施する基準は?

全ての物件にホームステージングを実施する事業者もあれば、基準をもって実施可否を決めている事業者もあります。ホームステージングをする/しないは、どんな基準で決めているのでしょうか?

■不動産仲介

不動産仲介では、長期空室のみ実施 が1位で、入居しにくい部屋のみ実施が2位でした。売りにくい・借りてもらいにくい実績や要素を持った物件に、積極的にホームステージングを実施していることがわかります。
また少し驚いたのは、全部屋実施(全物件実施)という回答が同率2位で上位に位置していることです。物件のなかのどこかの部屋・箇所は必ずホームステージングを施しているということです。成約しやすい物件に関わらず、なんからのホームステージングを実施し、成約期間短縮を狙っているのかもしれません。

 

■不動産賃貸

賃貸物件の場合は、入居しにくい部屋のみ実施 が1位で、長期空室のみ実施が2位でした。
そしてここにも全部屋実施(全物件実施)という回答が3位に入っているのが特徴的です。
ホームステージングを実施する基準においては、不動産仲介、不動産賃貸ともに同じような傾向になっています。

 

 

7.【ホームステージング業】ホームステージングの依頼元

ホームステージング業の方々は不動産仲介会社やハウスメーカー等から依頼を受け、物件のホームステージングを実施します。どんな業界の方から依頼されることが多いのでしょうか。

■ホームステージングの依頼元内訳

ホームステージング業の依頼元としては、不動産業(仲介・管理)会社(1位、3位)から、ハウスメーカー(2位)からがメインです。
昨年も注目した賃貸オーナー(4位)や個人顧客(6位)からの依頼に関しては、2020年は2019年に比べて比率が高くなっており、よりオーナーや一般ユーザーからホームステージング会社に直接依頼しているケースが増えています。不動産業界だけではなく、よりエンドに近い方にもホームステージングが広がっていることがわかります。

 

さいごに

お読みいただきありがとうございます!

日本ホームステージング協会によると、2020年は「多様なホームステージングの広がり」と位置づけています。コロナ禍の状況に合わせてニーズも急速に変化しており、VRホームステージングや3D撮影などの新しいサービスは2021年は注目を浴びそうです。

※次回のホームステージング白書2021は、2022年1月の公開予定。

 

 

 

仕入れサイト「スーパーデリバリー」では、ホームステージングに必要な家具や小物などのエレメンツの仕入れができます。

ホームステージングで家具やインテリアを仕入れるなら、スーパーデリバリー

 

ホームステージングに必要なアイテムを紹介!

ホームステージャーがどんなエレメンツを購入しているのか。まずはこちらをチェック!
部屋ごと、テイストごと、ジャンルごとに探すことができます。

 

◆詳細・ご登録はこちら

ホームステージングに必要な家具やインテリア、キッチン用品、消耗品などエレメンツの調達は、
まとめてスーパーデリバリーにお任せください!商品数は147万点超!
スーパーデリバリーならすべて「卸価格」で購入できます。