こんにちは!これからお店を開業する方のサポート担当、イッチーです!

お店オープンの為の準備で、ちょっと腰が重いのが「申請・手続き」関係。なんだか面倒で難しいイメージがしますよね。

よく耳にする「開業届」ってどうやって出せばいいんだろう?
毎月のお給料から引かれていた税金は、個人事業主になったらどうすればいいの?
アンティーク雑貨も扱いたいんだけど何か許可が必要なのかな?

などなど、開業にまつわる手続きをまとめてみました。ちょっと難しいけど、これを乗り越えるとオーナーとしての経験値が上がるはず!ファイトー!!
(今回は従業員を雇わない個人事業主の場合を想定しています)

その1:「個人事業の開業届出・廃業届出等手続」

印鑑

「個人事業の開業届出・廃業届出等手続」、これこそ噂の「開業届」のこと。実はこんな長い名前だったんですね。

新たに事業を開始したとき、事業用の事務所・事業所を新設、増設、移転、廃止したとき又は事業を廃止したときの手続です。納税地を所轄する税務署に、事業開業日より30日以内に提出します。

【参考】個人事業の開業届出・廃業届出等手続(国税庁)
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

その2:「事業開始等申告書(個人事業税)」

「開業届」は所得税や消費税などの「国税」に関する申告ですが、これは事業税などの「地方税」に関するもの。店舗の所在地の都道府県税事務所や市町村役場に届けますが、都道府県によって、名称、書式、期限が違うので気をつけて。

たとえば、

・東京都は「事業開始等申告書(個人事業税)」といい、事業を開始した日から15日以内に申告
・千葉県は「個人の事業の開始等の報告書」といい、事業を開始した日から1ヶ月以内に申告

う~んややこしや。詳しくは店舗所在地の税務署へお問い合わせください。

その3:青色申告承認申請書

確定申告

個人事業主で事業所得を得ると、確定申告をして所得税を納めることになります。確定申告には「青色」「白色」がありますが、青色は何と言っても最大65万円の所得控除が受けられるのがメリット。
青色申告を選択するには、業務を開始した日から2か月以内に「青色申告承認申請書」を納税地を所轄する税務署に提出する必要があります。提出しなかったり、期限を1日でも過ぎると自動的に「白色」になり、その年は変更ができません。開業届と同じ「税務署」の手続きなので一緒に片付けちゃいましょう!

【参考】青色申告制度(国税庁ホームページ)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

その4:古物商許可申請

古本

アンティーク雑貨、古着、古本、中古家具、中古ゲーム、その他リサイクルショップなどなど、古物を買取して販売する場合に必要です。

申請するのは、所轄警察署の生活安全担当課や、防犯係などへ。許可申請書や、住民票、身分証明書、営業所の賃貸借契約書のコピー……などなど多数の書類が必要。個人、法人によっても提出書類が違うので要確認です!下記ページで、管轄警察署の検索や、申請書類等のフォーマットも確認できますよ。

【参考】警視庁「古物商許可申請」
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/kobutu/kyoka.htm

その4:一般型輸出物品販売場許可申請手続

ゆ、輸出?…と思いきや「免税店」になるための許可のことです。

納税地を所轄する税務署に、申請書、販売場の見取り図、免税販売マニュアル……などなどを提出して審査を受けます。外国人観光客の増加で、今は申請が混み合っているので、1か月ほどかかるという話も。年末年始の来日シーズンに間に合わせたい場合は早めのご準備を!

【参考】国土交通省 観光庁
http://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/

その5:飲食店営業許可

カフェ

「カフェ&雑貨店」など、飲食店を開業する際には保健所の許可が必要です。

飲食店は内装や設備に一定の基準があり、保健所職員の施設検査もあります。内装工事が全て終わった後に施設検査でNGが出ると大変!事前に保健所で図面を確認してもらうのがベターです。まずは店舗所在地の管轄の保健所に相談しましょう。

【参考】保健所管轄区域案内(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/index.html

【参考】東京都福祉保健局「食品営業はじめてナビ」(一例として 東京都の場合)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/eigyounavi/

その6:菓子製造業許可

パン屋

ベーカリー開業など、パンやお菓子を作って販売する場合に必要。手作りのクッキーやジャムなどを雑貨と一緒に販売するお店もありますよね。

こちらもお店の設備に一定の基準があります。自宅のキッチンで製造して販売してはいけませんよ!こちらも管轄は保健所。店舗所在地の管轄の保健所に相談しましょう。

さいごに:やっぱり手続きは難しい…誰かに相談したい!そんな時は…?

個人事業主だからといって、全部自分で解決しなきゃいけないわけじゃないんです。頑張る事業者の味方になってくれる場所があります。

商工会

地域の小規模事業者の強い味方。青色申告制度や、帳簿の付け方、各種申告など、事業に関することを広く相談できます。また、創業に関するセミナーなども開催しているので、事業計画書、融資制度などを受ける人は参加してみては?
「全国商工会連合会」のサイトに全国各地の商工会検索も。店舗の地域の商工会に相談してみましょう!

【参考】全国商工会連合会
http://www.shokokai.or.jp/

青色申告会

個人事業主の青色申告の申請や確定申告の相談、帳簿の付け方指導、会計ソフトをおススメしてもらえたりもしますよ。「総連合」のページにはお近くの窓口検索もあります。

【参考】一般社団法人全国青色申告会総連合
http://www.zenaoirobr.jp/index.html

複雑な手続き関係は、窓口に聞いてしまった方が早い場合もありますよね。「申請を忘れていたからまだオープンできない!」ということがないよう、良いスタートを切るためにも、ダンドリ良く準備したいですね!

=====================================================

【10月24日(火)開催!】これから開業したい&いつかお店をやってみたい女性の方向け、無料セミナー&交流会を開催!

いつか自分のお店を持ちたい・・これからお店を開きたい!といった女性の方に向けたセミナーを開催します!

今回は、既に自分のお店を構えられている先輩店長さん2名にお越しいただき、開業までの準備や開業してからの具体的な仕事内容など経験者だからこそ分かる話をアレコレ話していただきます。

開業に少しでも興味のある方はぜひお気軽にご参加ください♪セミナーの後はお茶とお菓子を食べながらの交流会もご用意しております♪

お申し込みはこちらをご確認ください。

=====================================================
お店の開業が決まったら「スーパーデリバリー」!

開業準備中の仕入れや、こだわり派の店舗什器・備品まで、まとめてスーパーデリバリーにお任せください!

― 開業準備中の方のご入会について ―
店舗物件がお決まりの実店舗様は、開業前からご入会いただけます。
https://www.superdelivery.com/p/contents/open-business/open-business.jsp

★開業準備にスーパーデリバリーを活用したお店の感想を掲載中!★
どんなところで役に立った?どんな使い方をしていたの?お店ごとのニーズに合わせて開業準備を応援します!