東京の下町情緒あふれる街「江東区門前仲町」。歴史ある商店街や神社など昔ながらの街並みを残しながらも、カフェやおしゃれな雑貨店などが軒を連ねる「清澄白河」が近いこともあり、最近では老若男女問わず人気のあるエリアです。その「門前仲町」の駅から徒歩1分の場所にあるプライベートサロン「Aromatherapy salon Fleur(アロマセラピーサロンフルール)」。今回は長年アロマセラピーに携わってきたオーナーの直井真由美さんに、開業に至った経緯やサロンへのこだわりについてお話をお伺いしました。

「自分の好きなことを仕事にするため」アロマセラピーの世界へ

もともとアロマには興味があったという直井さん。「自分の好きなことが仕事にできたら良いな」という想いがあったといいます。ある日、アロマショップにお買い物へ行ったことがきっかけになり「お店に入って働きたい」と強く想うようになりました。ここからが直井さんのアロマセラピーの世界に入る第一歩となったそうです。

歴史ある上質なアロマを扱う「ニールズヤードレメディーズ」に就職

当時勤めていたアパレル会社の商社を退職後、英国の歴史あるアロマセラピーやオーガニックなナチュラルコスメ・スキンケア商品を扱う「ニールズヤードレメディーズ」に入社。そこではショップ店員として店舗運営に12年ほど携わったそうです。

サロンで使っているニールズヤードの製品

知識と技術を学ぶため資格取得に専念

ニールズヤードのショップで働きながらアロマや精油の知識を高めていったという直井さん。お客様と触れ合う中で「施術もいつかはやってみたいな・・・」という想いが芽生えたといいます。そこで「施術をするには、もっと学ぶ必要がある」と、アロマを学べるスクールを探すことに。

たくさんあるスクールの中でも、当時勤めていたニールズヤードはアロマの本場イギリスに本部を構え国際ライセンスを取得していたこともあり「ここなら仕事にできるレベルのスキルや技術を学ぶことができる」と、ニールズヤードで働きながらニールズヤードが運営するスクールに通うことを決意したそうです。当時は資格取得に専念するため社員を辞め、週3日のアルバイトに切り替え知識と技術を学ぶために必死に勉強したといいます。

アロマのもつ癒やしの力を体感。開業への想い

ニールズヤードのショップにはアロマセラピーサロンが併設されており、直井さんはこの場所に来るお客様への変化にも心打たれたそうです。

直井さん:疲れを取るために癒やしを求めてくるお客様が、お帰りの際には美しく癒やされてリフレッシュして帰っていく姿を間近で見て心が打たれたこと、そして自分も施術を受けてみてアロマのもつ癒やしの力を体感することで開業への想いがさらに強くなりました。

オーナの直井真由美さん

カフェのレンタルスペースから開業をスタート

資格取得後、2015年にカフェのレンタルスペースで開業をスタート。カフェのレンタルスペースで開業することになった経緯と、どのような運営をされていたのかお話をお伺いしました。

直井さん:開業といっても、いきなり物件を借りる自信はありませんでした。上手くいかなかったときのリスクもありますし、ハードルが高いと感じていました。レンタルスペースならリスクも少なく、気軽に始めることができると思ったからです。カフェのレンタルスペースでは施術以外にも、ワークショップとスクールも行っていました。カフェのオーナーからの要望もあり、カフェという立地柄かワークショップのニーズも高く、同時にアロマセラピーの知識を活かしてレッスンも行っていました。週に2回は施術、それ以外はワークショップとスクール、といった感じで運営をしていました。

カフェの閉店を機に、個人サロンをオープン

運命の波を感じ一念発起

カフェのレンタルスペースでの運営は順調だったものの、カフェが閉店してしまうことに。運命の波を感じ一念発起して2018年に個人サロンをオープンさせることを決意したそうです。

直井さん:「いつかは自分のお店をもちたい」とは考えていましたがなかなか実現せずにいたところ、カフェが閉店してしまったんです。もうやるしかない!これは運命だ!と思いました(笑)
ちょうどその頃、カフェのレンタルスペースの近くにビルが経ち(現在の場所)そこで店舗もできるということでタイミング良く物件が決まりました。アロマセラピーサロンやエステサロンなど、洋服を脱いだり香りがするような商用利用が可能な物件は少ないので、運が良かったです。

また、「Aromatherapy salon Fleur(アロマセラピーサロンフルール)」が入るビルはシェアハウスになっており、キッチンや洗濯機などの設備が完備しているという点でもシェアハウスはおすすめだそうです。

スクール・ワークショップも併設

直井さんは現在、以前勤めていたニールズヤードでアロマセラピーレッスンのスクール講師をしながら、お店でもアロマセラピーやハーブのレッスン・ワークショップを開催しています。スクール・ワークショップを併設された経緯もお伺いしました。

直井さん:スクールとワークショップはカフェのレンタルスペースのときからやっていたこともあり、その流れでお店でも取り入れたいと思い始めました。スクールでは一般の方が自分の健康や家族のため、アロマセラピーやハーブの知識をつけたいと受講される方が多くいらっしゃいます。
ワークショップではセラピストさんが趣味のために参加されるケースもあります。精油やハーブを使いアロマキャンドルやラベンダースティックなどのクラフトづくりを開催しています。

今現在はコロナウィルスの影響により、ワークショップの開催はされていないとのこと。お客様からは「また再開してほしい」との要望を多くただいているそうです。

アロマセラピーレッスン
ワークショップでつくるアロマキャンドルとサシェ

ー参加者さまの声ー

当初、今回の講習に参加するか悩んでいたのですが、参加して本当に良かったです。メンバーの皆さんとも和気あいあいとし、お勉強をしているのに癒しの時間となりました。今までアロマは本やネットの情報ばかりでしたが、やはりきちんと習うことで精油を使用する幅も広がりました。今はシャンプーにローズマリーとイランイランを入れて使っています。なかなか良くて驚きです。コスメ講習も勉強になり、ますます楽しくなりました!

Aromatherapy salon Fleur(アロマセラピーサロンフルール)HPより引用

「自然に触れ、感じてもらいたい」お店のコンセプトとこだわり

お店のコンセプトとこだわり、店舗名の由来についてもお伺いしました。

直井さん:アロマセラピーやハーブなど、使う商材もなるべくナチュラルでオーガニックなものを選んでいます。都会の喧騒を忘れ、サロンを訪れる方に自然を感じてもらうため、インテリアに生花を置くなど五感を感じてもらい、植物のもつ力で癒やされ、からだも心もリラックスできる空間づくりを心がけています。店舗名の由来も、植物に関連するものが良いと考えており「自分のもっている花を咲かせてもらいたい」という想いからフランス語で「フルール=お花」という店舗名にしました。

天然ハーブや精油
自然を感じるインテリア

集客方法と他店との差別化について

開業したてから現在の集客方法、他店との差別化やリピートのお客様をつけるための施策についてもお伺いしました。

直井さん:カフェのレンタルスペースで開業したての頃は、すべて口コミでの集客でした。カフェのオーナのお友達やそのお知り合いなどがメインでした。また、カフェにメニュー表を置いてもらうなどして集客をし、そこから徐々にお客様が増えていきました。個人サロンをオープンしてからは、ホットペッパーでの集客がメインで今現在も施術でご来店されるお客様はホットペッパーからご予約いただく方が大半です。ときどきインスタから来られるお客様もいらっしゃいますが、インスタからはワークショップのご予約が圧倒的に多い印象です。他店との差別化については、どのサロンも同じだと思いますが、すべてのお客様へ「ホスピタリティ」を大切にすること。また、商材の質やインテリア、サロンへ訪れたときの雰囲気づくりも心がけています。リピートのお客様をつけるために行っていることは、リピート割引やリピートのお客様だけのオプション割引などを実施しています。

新たなステージへ!セラピスト育成に挑戦

培ってきた技術を伝えていきたい

直井さんに今後の展望についてもお伺いしました。

直井さん:新たな挑戦として、セラピストさんの育成を目指しています。キャリアを活かして培ってきた技術を伝えていきたいと考えています。今から楽しみです!

お客様に「感謝してもらえること」が一番嬉しい

開業してみて実感した直井さんの想いとは?

直井さん:開業してみて心から良かったなと思っています。自分が納得して進めていけること、今まで自分がやりたかったことに気持ちのブレがなく、やりがいを感じています。お客様がお帰りの際に美しく元気になって帰られる姿を見ると嬉しくなります。

お客様には「ここに来るとお姫様になれる!」という嬉しいお言葉をいただいたこともあるそうです。お話を聞く中で技術はもちろん、直井さんの人間性にもお客様が癒やされていることが伝ってきました。

サロン運営の参考にしたい「スーパーデリバリー」の活用方法

最後に、直井さんにスーパーデリバリーの活用についてお伺いしました。

直井さん:お越しいただいた際に履いてもらうスリッパ、施術で使うスプレー瓶、スクールで使うハーブやハーブティーなど備品に加え、お客様へ提供するハーブティーも購入しています。スーパーデリバリーでは「小ロットから仕入れができて手軽さが魅力」ですよね!

写真左上のスリッパはスーパーデリバリーで購入

店舗で使うさまざまな備品や、実際にお客様へ提供するアイテムまで幅広くご活用いただけている様子でした。また、他の取引先ではなかなか難しい「小ロットから仕入れができる」というスーパーデリバリーの強みを最大限にご活用されているとのことで、嬉しいお言葉をいただくことができました。

直井さん、素敵なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました。

「Aromatherapy salon Fleur(アロマセラピーサロンフルール)」

[住所]東京都江東区門前仲町1-13-12 HYPERMIX 404

女性専用・完全予約制

[営業時間]不定休

[ホームページ]https://www.aromatherapy-fleur.com/

[インスタグラム]https://www.instagram.com/aromafleur_mayumi/

エステ・リラクゼーションサロンの店販品の仕入れは『スーパーデリバリー』

スーパーデリバリーでは、ヘアケア商品、アパレル、アクセサリー、服飾雑貨、インテリア雑貨、アロマ、コスメなど140万点以上の商品を1点から卸価格で仕入れできます。

美容室やサロン業の方におすすめの特集も開催中です!ぜひご覧ください。

スーパーデリバリーについての詳細はこちらから
https://www.superdelivery.com/p/contents/lp/monitor/beauty.jsp

無料のトライアル登録はこちらから
https://www.superdelivery.com/p/entry/mail.do