消費税の増税が近づいています。2019年10月から、従来の8%から10%に引き上げられることになるため、カフェ・飲食業・小売業・サービス業など…多くのお店でレジの見直しも必要となるでしょう。

既存のレジで対応するのもいいですが、軽減税率対象補助金を活用すればお得に最新のレジも導入できます。そこで、ここではタブレットやスマホを使ったPOSレジ、おすすめの7社をピックアップしました。ぜひこの機会に導入を検討してみてください。また、軽減税率対象補助金についてもご説明しますので、よく分からないという方はこちらもご覧ください。

どうして今レジを見直すべきなの?軽減税率対象補助金についてまとめ

2019年の10月から消費税が10%となるのですが、一部の品目については従来のままの8%に据え置かれます。これが軽減税率で、異なる税率が適用されるため、仕入れやサービスの提供などさまざまな部分に影響を与えることが考えられます。

[関連記事]2019年10月1日から消費税が10%へ!複雑化する消費税計算…軽減税率制度についてまとめ

旧式のレジだと、従来の税率にしか対応できないことも考えられるでしょう。そのため、多くの小売店や飲食店は複数税率に対応できるレジを導入する必要も出てきます。レジは決して安いものではないので、買い替えとなるとそれなりの負担が経営者にはのしかかります。

軽減税率対象補助金とは、既存のレジの改修や最新のPOSシステムの導入に利用できる制度です。すでに事業を始めている方はもちろん、これから新規開業する方も利用できるので、今がレジを見直すチャンスなのです。

補助の対象となるのは、レジの本体やレシートプリンタ、クレジットカードの決済端末、バーコードリーダー、キャッシュドロアなどです。機器の設置にかかった経費、商品マスタの設定費用なども補助金の対象です。上限となる金額は1台のレジにつき20万円までと決まっており、1事業者あたり200万円までとなっています。

タブレットやスマホを使ったPOSレジシステムの補助の割合は、タブレット等が補助率2分の1、付属機器や対象サービスの導入費用と設置経費が補助率4分の3です。ただし、導入費用(設置経費は含まず)が3万円未満の場合は補助率5分の4となります。その際のタブレット等の補助率は2分の1です。

申請日は2019年の12月16日までです。書類の内容に不備があると申請し直す必要があるので、なるべく早めに対応しましょう。また、旧システムは2016年の3月29日から2019年の9月30日までのあいだに導入されたもので、支払いも完了している必要があります。2016年の3月29日以前に導入したものや、2019年の9月30日までに支払いが済んでいないものは補助金の対象外となるので注意してください。

[関連記事]軽減税率対象補助金(軽減税率対策補助金事務局)

あなたのお店に合うレジは?POSレジサービスおすすめ7社を徹底比較

POSレジサービスを提供する会社はいくつもあります。たくさんあるだけに、どれを選べばいいのか分からない、悩んでしまうという方も少なくないでしょう。ここでは、7つのサービスをピックアップしたので、一つずつチェックしてみましょう。

Ubiregi(ユビレジ)

https://ubiregi.com/

Ubireji(ユビレジ)」は、iPadをレジとして利用できるサービスです。商品分析や売上傾向の把握などもでき、来店顧客の登録などリピーターを増やす仕組みが充実しているのも特徴。世界30000店以上で導入されている実績があります。

さまざまな大きさのお店にも対応しているので、個人商店から巨大店舗まで対応可能。また、多店舗での利用もでき、一つの管理画面で複数店舗の売上状況も管理できます。在庫管理や決済サービス、オーダーエントリーなどと連携できるのもうれしいポイントといえるでしょう。

店舗間での比較分析も可能なので、売れているお店のメニューやノウハウをほかのお店で流用する、ということも可能。わざわざ比較分析を行うためのスタッフを採用する必要もなく、コストダウンにも役立ちます。

運営会社 株式会社ユビレジ
初期費用 0円 (iPadは必要)
月額費用 0円~9,300円(税抜)

[関連記事]消費税増税に負けるな!小さくても強いお店づくりのサポーター!ユビレジさんを訪問

AirREGI(エアレジ)

https://airregi.jp/

AirREGI(エアレジ)」は、さまざまな業種での導入実績があります。iPadかiPhoneがあれば導入できるので、手軽さも人気の理由でしょう。基本的なレジ機能だけを利用するのなら無料なのも大きなメリット。会計はもちろん売上分析も無料です。できるだけ低コストで導入を検討しているのなら、おすすめといえます。

操作性のよさも選ばれている理由といえるでしょう。直感的に操作できるデザインとなっており、スタッフへの指導もしやすく、業務にかかる時間も短縮できるのはうれしいメリットです。リアルタイムでお店の売上や在庫の確認もでき、業務効率化を図れます。

402,000以上の店舗で導入されている実績(自社調べ:2019年3月末時点)と、豊富なノウハウもあります。決済サービスや会計ソフトと連携ができるのもポイントといえます。登録と周辺機器の用意、初期設定さえすればすぐにでも利用できるので、導入までもスピーディです。

運営会社 株式会社リクルート
初期費用 0円 (iPadは必要)
月額費用 0円

 

スマレジ

https://smaregi.jp/

スマレジ」は、アカウントさえ作成すれば、すぐにでも導入可能なのが魅力。iPadやiPhoneがあれば利用できます。スタンダードプランを利用すれば、基本的な機能は無料で利用できるのも大きなメリットでしょう。(スタンダードプランは1店舗のみが対象です)

すべてのデータはクラウドサーバーに保存され、売上状況などもリアルタイムに確認できます。複数の店舗を運営している場合であっても、横断しての管理が可能。外出先からでも売上や在庫を確認できます。

現場の声をリアルに反映した機能が充実しているのも大きな特徴です。レジ待ち行列を効率よく解消する仮販売機能や、取り置き機能なども備えています。他社システムとシームレスに連携できる拡張性の高さも備えており(スタンダードプランは非対応)、さまざまな周辺機器にも対応しています。充実したアフターサポートの体制も整っているので、初めて導入するという方にも安心でしょう。

運営会社 株式会社スマレジ
初期費用 0円 (iPadやiPhoneが必要)
月額費用 0円~12,000円(税抜)

 

Square(スクエア)

https://squareup.com/jp/ja/software/point-of-sale

Square(スクエア)」は、世界各国で200万以上の事業者が導入しているシステムです。iOSとandroid端末に対応しています。手軽さを追求したシステムなので、難しい設定はなく、初めて導入する方も安心できるでしょう。顧客や従業員の管理は容易で、注文や決済の流れなども直感的に理解できるようなシステムになっています。

お客様が何を購入したのかも記録として保存され、電子レシートから感想、意見などを収集できるのもメリット。今後のサービス向上に役立てられるでしょう。売上レポートもリアルタイムで確認できます。

さまざまな支払い方法も一元管理が可能。現金はもちろんクレジットカード、ギフトカードなどでの支払いにも対応しています。請求書管理も簡単にできるので、時間やコストの軽減につながります。また、最新のテクノロジーを採用し不正決済を回避、セキュリティ面の心配も少ないでしょう。

運営会社 Square株式会社
初期費用 0円 (タブレット端末が必要)
(カード決済を導入の場合は専用端末7,980円が必要)
月額費用 0円

 

NEXPO(ネクスポ)

https://posregi.jp/nexpo/

NEXPO(ネクスポ)」は、簡単に操作できるのがウリのサービスで、誰でも使いやすい操作性を実現しています。一般的な小売業のお店で必要となるレジ、売上分析などの機能をiPadで完結できます。

在庫管理がしやすくなっているのもメリットです。棚卸・入庫・出庫・店舗間移動などをすべてリアルタイムで把握できます。

事業戦略に合わせたカスタマイズができるのも特徴。美容室ならカットの仕上がりを画像データにし、それをスタッフ全員で共有するといった使い方もできるでしょう。アパレルだと顧客の背丈や肩幅などの情報も入力できるようになります。カスタマイズを行うことで、業務の効率化と顧客満足度の向上が期待できます。

運営会社 株式会社ユーエスエス
初期費用 0円 (タブレット端末が必要)
(カード決済を導入の場合は専用端末7,980円が必要)
月額費用 980円~

 

TABレジ

https://uniaim.co.jp/tabregi/

TABレジ」は、小売業で使いやすいことにこだわったシステムです。android端末に対応しています。スムーズな会計処理を実現することを一番に考えており、そのためのユーザーインターフェースを開発しました。インターネットを利用していない、オフライン時でも会計ができます。

レジ機能では、カテゴリからバーコード、商品の呼び出しが可能で、充実した機能性を搭載。また、トレーニング機能が備わっており、新人スタッフへの教育をしやすくなっているのもメリットといえるでしょう。返品処理の煩雑さを解消するマイナスモードがあるので、スピーディで確実な処理ができます。

運営会社 株式会社ユニエイム
初期費用 0円 (android端末が必要)
月額費用 12,800円~

 

Uレジ LITE

店舗について熟知したUSENからは、業種サービスなどに合わせたレジ提案がされています。多機能なうえに低価格で導入できるシステムで、飲食店向けに特化したPOSレジは、「UレジFOOD」。アパレル・雑貨店などの小売業に特化したPOSレジアプリサービスは「Uレジ STORE」。

https://usen-ad.com/uregilite/ad/un/

その中で、業種サービスを問わず、お手軽に始められるタブレットレジサービスが、「Uレジ LITE」です。

Uレジ LITEは、注文会計機能から、売上のリアルタイム自動集計と売上分析まで、小規模店舗の飲食店や小売店に本当に必要なPOSレジの機能を月額0円で利用できるサービスです。機能が他のUレジに比べてシンプルなため、POSレジをはじめて導入いただく方や忙しいオーナーさんにおすすめです。

Uレジは、全国に148のサポート拠点を展開しているUSENの手厚いサポートが受けられるのも大きなメリット。導入時、導入後にもしっかりとサポートが受けられるので、初めて導入を考えている方にもマッチするでしょう。年中無休で電話サポートが受けられるのは安心できる点です。

運営会社 株式会社USEN
初期費用 139,800円(税抜)
月額費用 0円

※初期費用の中にAndroidタブレット(POSレジ本体)/キャッシュドロア(プリンタ内臓型)/アクセスポイント/レジロール紙 20巻セット/お客様マニュアル/サービス加入料が含まれています。

まとめ

最新のPOSシステムについてご説明してきました。軽減税率対象補助金は対象期間が決まってますので、補助金対象となるこの機会に、ご自分のお店に合ったPOSレジの導入をぜひ検討してみてください。

 

 

 

※掲載している記事、画像につきまして、使用上問題のある場合はご連絡いただければ削除など対応いたします。

アパレル・雑貨の卸・仕入れは「スーパーデリバリー」!

お洋服にファッション小物、かわいい雑貨に食器、インテリアまで!小さなお店を彩る商品が多数掲載中!店舗販促品やお店づくりには欠かせない…こだわり派の店舗什器・備品まで、まとめてスーパーデリバリーにお任せください!

ー卸・仕入れサイトスーパーデリバリーとは─
https://www.superdelivery.com/

店舗物件がお決まりの実店舗様は、開業前からご入会いただけます。

― 開業準備中の方のご入会について ―
https://www.superdelivery.com/p/contents/open-business/open-business.jsp