blog

参照元:商店街結婚式 心込めて
http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20150215-OYTNT50000.html

こんにちは。ゆきです。

このブログをご覧の方は、住んでる地域に商店街がありますか?

今私が住んでいる地域にはありませんが、地元には昔ながらの商店街があります。

その名も、「銀座商店街」。 よくある名前ですね。なぜかわからないけど銀座。

子供の頃は何の疑問も持たずにその名を口にしていましたが、銀座と聞くと東京の銀座が頭に浮かぶ私は地元の銀座商店街を通るたび、「なんで?」と思ってしまう今日この頃。

「銀座商店街って言うのがあるねん」と都内の人に言うと、どんだけ華やか?!と思われることは間違いないのですが、実際は銀座の名前からは想像できない閑散さ。

むかしは夏祭りも盛り上がってたのになぁ~と少しさみしい気持ちになりますが、地方の商店街は同じような状況のところも多いそうですね。

だけど、そんな商店街に活気を取り戻そう!という試みが地域ごとで起きているようで。

記事にある大阪の商店街ではなんと結婚式をしています! 地域愛溢れる人前式。

ウェディングケーキの代わりにお好み焼き!プチギフトにコロッケ!! なんて斬新。 どうせならたこ焼きも食べたい。

商店街の活性化、集客のきっかけとしたイベントのようですが、いい効果が出たなら私も地元の商店街に提案してみようか。。。我が地元の銀座商店街に。

ということで、今回は各地の商店街で行われているユニークなイベントをリサーチしてみました。

みなさまの街にもおもしろいイベントをやっている商店街があればぜひ教えてください。

ひな祭りに合わせて、商店街で「おひなさま婚」

おひなさま婚

(写真はこちらから引用)

http://www.sankei.com/region/news/150215/rgn1502150027-n1.html

三重県津市の商店街約40店舗の店内で、ひな祭りに合わせて雛壇やつるし雛、古布を使った手作りのひな人形などを並べたイベントが開催されます。

3月1日には、抽選で選ばれた新婚のカップルが「おひなさま」と「お内裏さま」の衣装を着て、結婚式を行うのだとか!

式の前には商店街に敷かれた絨毯の上を歩いて津観音の境内まで行くそうです。これは沢山の人が集まりそうだし、商店街での買い物客も増えそうですね。

おもしろポスターが話題になった「商店街ポスター展」

blog

(写真はこちらから引用)

http://osaka.thepage.jp/detail/20150207-00000001-wordleafv

こちらは少し前のイベントになりますが、SNSでも話題になっていた大阪の「ポスター展」です。

もともと電通の方々が商店街活性化のためにボランティアで始めたイベントらしく、好き勝手にポスターを作って大阪市内の商店街で展示したところ、面白さが評判になって大盛況だったそうです。

その評判からまた違う商店街で店主さんたちと一緒にポスターを作ると、それも話題となってメディアに広がり、シャッター商店街のイメージも「活気のある商店街」へと変化を遂げました。

さすが大阪人!という笑いのセンスあふれるキャッチもすごいけど、商店街の店主さんたち自身が楽しんでいるのがいいですね。

次回開催される時はぜひ私も見に行きたい!

大学生とコラボのイベント

ef119

(写真はこちらから引用)

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20141113-OYT8T50237.html

こちらも少し前の記事なりますが、大学生と商店街がコラボして街を盛り上げたイベントです。

最近は大学生との取組で地域活性化をしている街も増えているようですが、ここも代表例ですね。

このイベントでは大学生のほかにも企業や団体も一緒になり、川崎市麻生区の小田急線新百合ヶ丘駅周辺にてマルシェ(市場)を開催しました。

マルシェでは飲食ブースや雑貨販売のほかに、ステージを設けてライブなども行ったそうです。

大学生と取り組むことで、普段は商店街や地元のお店に足を運ばない若者も、イベントがきっかけで地域の人とのつながりや地域愛が生まれるのかもしれないですね。

カルタで紹介する商店街の魅力

dvmij3000000gvqo

(写真はこちらから引用)

http://www.sankei.com/region/news/150213/rgn1502130010-n1.html

神戸市灘区のエルナード水道筋商店街では、街の景色や魅力をカルタで伝えるイベント企画を練っています。

カルタの名前は「水道筋カルタ」。商店街の特徴やお店の様子なども「あるある」シリーズになっているそうです。

カルタの句は市民の方や商店街の店主さんたちが考えたそうで、カルタを作る過程で地元愛が強まりそうですね。

このカルタは学童保育施設や児童館に寄付されているそうで、商店街に親子連れを呼ぶきっかけにもなりそうです。

さいごに

先日都内の商店街にあるショップさんを訪れたとき、お店の前を通り過ぎる人たちが店主さんに一声かけて行かれました。

最近こういう景色を見ることが少なかったのですが、なんだかほっこりと暖かい気持ちになりました。

商店街に行って顔なじみの店主さんたちとたわいもない話をしたり、色々情報交換したり・・・・

そういうコミュニティ、なんだか懐かしくていいなーと。

いつか商店街がある街に住んで、サザエさんみたいに買い物してみたいです。 つっかけはいて。