突然ですが、「越境EC」という言葉をご存知でしょうか。

越境EC(えっきょうイーシー)とは、インターネット通販サイトを通じた国際的な電子商取引を指す。
ECとは”electronic commerce”(エレクトロニックコマース=電子商取引)の略。クロスボーダーECとも呼ばれることがある。
*Wikipediaより

ここ数年、越境ECが盛り上がりをみせており、市場規模も急拡大しています。サイトでは中国のTmall(天猫)やJD.com(京東商城)などが有名ですね。こうしたサイトに日本の商品が越境して販売される動きが拡大しています。
越境ECというと対消費者(BtoC)の話題ばかりが目立ちますが、対事業者(BtoB)に関しても流通量は増加し、市場規模も広がっています。実際、弊社が運営する仕入れサイト「スーパーデリバリー」においても、日本国外の小売店への商品流通量が飛躍的に伸びています。

日本で購入した商品を受け取るには以下の3つの方法が考えられます。

1.日本にいる知人に一旦受け取ってもらい、日本国外に送ってもらう

2.越境EC対応の販売サイトを利用する(サイト事業者が送ってくれます)

3.海外配送代行会社の配送サービスを利用する

 

今回は、日本の商品を仕入れようと考えている日本国外の小売店様向けに、3つ目の「海外配送代行会社の配送サービスを利用する」方法をご紹介します。海外配送代行会社は「転送会社」とも呼ばれることもあり、越境ECでは徐々にメジャーな存在になりつつあります。一方、どんな海外配送代行会社があって、どの会社を選べばいいのかわからない…そんな方も多いのではないでしょうか。海を越え、国を越えて大事な商品が届くのですから、よく考えて選びたいですね。

 

海外配送代行サービス会社の基本的なサービス内容内訳

配送代行サービスに支払う種類は、主に下の3つです。

1.配送料

いわゆる送料です。日本国内(海外配送代行会社の倉庫)から日本国外の指定配送先までの送料のことを指します。

2.配送手数料

荷物を配送するときに発生した、配送会社の手間賃です。

3.おまとめ梱包

複数箇所で購入し、複数に渡って配送会社に届いた荷物を1つの箱のなかにおまとめして梱包・配送してくれるサービスです。無料、箱数制限付きで無料、有料など各社違いがあります。

このほか、梱包補強や商品に同梱される冊子・パンフレットなどの不要物除去など、様々なオプションを用意しているところもあります。有料か無料かは各社異なりますので各社サービスページでご確認ください。

 

海外配送代行サービス会社を選ぶ基準

海を渡ってようやく届く商品。飛行機や船などの手段を使用したり、言葉の壁があったりと、国内取引よりもハードルがあるのが海外取引。そのため選ぶ基準は値段、オプションの豊富さ、対応の良さなど人それぞれです。

1.値段が安い

上記に記載しましたとおり、配送料(送料)+配送手数料+オプションの合計で料金が決まります。配送会社によって、この地域は強い/弱い、この重量帯は強い/弱いなど違いがあります。

2.なにかあった時に助けてくれる

輸入にトラブルはつきもの。言葉、文化などが違う異国との取引になるため、なにかあった時に助けてくれる安心感は計り知れないものがあります。

3.信頼できる

取引をしてみないと信頼できるかは判断できませんが、口コミや知人から情報を得るなどして、参考にすることはできます。実際日本の商品を仕入れている知人がいれば、どの配送会社を利用しているか聞いてみるのもありですね。

 

オススメの海外配送代行サービス会社をご紹介

スーパーデリバリーの海外会員様が実際に利用している、実績のある海外配送代行サービス会社をご紹介します。(順不同)

1.御用聞キ屋


【会員登録】無料
【配送方法】EMS / SAL / AIR / SHIP / DHL / FedEx
【支払方法】クレジットカード / PayPal / 銀行振込 / 郵便振替
【おまとめ梱包】あり 無料 ※箱数制限なし
【カスタマーサポート対応言語】日本語/英語/繁体字/簡体字

特徴
・複雑になりがちな海外配送も料金も、シンプルにわかりやすく
・お客様のベンリを最優先。おまとめ梱包やお取り置きは追加料金無し
・高品質なサービスを、リーズナブルな料金で
・お客様のリピート率70%、お客様満足度ほぼ100%のサービスが自慢

◆御用聞キ屋のサービスサイトはこちら

 

2.転送JAPAN


【会員登録】無料
【配送方法】EMS / SAL / AIR / SHIP
【支払方法】クレジットカード / PayPal / Alipay
【おまとめ梱包】あり 一律300円 ※箱数制限なし
【カスタマーサポート対応言語】日本語/英語/繁体字/簡体字/韓国語

特徴
・当日送料通知
・EMS送料5%OFF
・手数料たったの0~150円
・発送手段が選べる
・お買い物ポイントプレゼント

◆転送JAPANのサービスサイトはこちら

 

3.malltail


【会員登録】無料
【配送方法】EMS / SHIP / FedEx
【支払方法】クレジットカード / PayPal
【おまとめ梱包】あり 一律3$ ※3箱まで
【カスタマーサポート対応言語】日本語/韓国語

特徴
・商品はすべて現地で事前に破損・不足などを検品するので安心
・法人契約の運送料だから早くて安い
・異なるショップの商品も「おまとめ梱包」サービスで更に送料がおトク

◆malltailのサービスサイトはこちら

 

4.JAPAN TENSO


【会員登録】無料
【配送方法】EMS / SAL / AIR / SHIP
【支払方法】クレジットカード / Alipay
【おまとめ梱包】あり 一律200円 ※8箱まで
【カスタマーサポート対応言語】日本語/簡体字

・日本から中国への配送に特化
・荷物入庫から最短当日配送可能
・おまとめ梱包をはじめ、補強などのオプションサービスを展開
・強固な梱包に対応

◆JAPAN TENSOのサービスサイトはこちら

 

5.BAGGAGE FORWARD


【会員登録】無料
【配送方法】EMS / SAL / AIR / SHIP / DHL / UPS / e-packet
【支払方法】クレジットカード / PayPal / 銀行振込 / 郵便振替
【おまとめ梱包】あり 無料 ※箱数制限なし
【カスタマーサポート対応言語】日本語/英語/繁体字/簡体字

特徴
・荷物をまとめて発送
・豊富な配送方法から選べる
・荷物を当社に最長2ヶ月保管
・お気軽に利用しやすい低料金
・到着までしっかり安心のサポート

◆BAGGAGE FORWARDのサービスサイトはこちら

 

6.lot post


【会員登録】無料
【配送方法】専用Air
【支払方法】現金 / Paypal
【おまとめ梱包】あり 無料 ※箱数制限なし
【カスタマーサポート対応言語】日本語/英語/繁体字/簡体字

特徴
・香港に本社を持ち、日本から香港への配送に特化
・香港に構える20超の支店でも受取可能
・梱包材料の除去で運送費の削減を実現
・タオバオ、香港郵政、中国郵政とパートナー

◆lot postのサービスサイトはこちら

 

7.楽一番


【会員登録】無料
【配送方法】EMS / SAL / AIR / SHIP
【支払方法】クレジットカード / Paypal / Alipay
【おまとめ梱包】あり 無料 ※5箱まで無料
【カスタマーサポート対応言語】日本語/英語/繁体字/簡体字

特徴
・お荷物受取後、最速当日発送
・SMS/EMAILでお荷物の最新情報をご報告
・年中無休で出荷&カスタマーサポート対応
・料金は当日のレートで換算

◆楽一番のサービスサイトはこちら

 

8.JP GOODBUY


【会員登録】無料
【配送方法】EMS / SAL / AIR / SHIP / PPS(関税込) / MES(自社AIRLINE)
【支払方法】Alipay / wechat
【おまとめ梱包】あり 無料 ※5箱まで無料
【カスタマーサポート対応言語】日本語/英語/繁体字/簡体字

特徴
・日本で唯一郵便局にロジスティクスセンターを構える
・国際郵便の他豊富な輸送ルートを保有
・中国浙江省認定日本倉庫
・ワンストップ関税込輸送サービスあり

◆JP GOODBUYのサービスサイトはこちら

さいごに

お読みいただきありがとうございます!
今回は、仕入れサイト「スーパーデリバリー」の海外小売店が実際に利用している実績のある海外配送会社を紹介しました。
今回は掲載できませんでしたが、海外配送会社のなかには、実績は十分あるけれども、主に口コミでの集客のためWeb上にサービス内容やお問い合わせ窓口がない会社も存在します。今回はそういった会社もご紹介したいところですが、苦渋を飲んで「サービスサイトが存在している」「お問い合わせ窓口がWeb上にある」会社に絞ってご紹介いたしました。

 


◆海外配送代行サービスのご紹介ページはこちら

 


スーパーデリバリー http://www.superdelivery.com

※スーパーデリバリーは会員専用の仕入れサイトです。商品詳細の閲覧および発注にはログインが必要です。会員登録されたい方はこちらから!
※販売商品は予告なく売り切れや掲載終了となる場合、また販売先の規制がある場合がございますのでご了承ください。